ペットフードの正しい選び方とは

ペットフードは飼い主が正しい選び方をすることで、愛するペットが安心して食事を楽しむことができます。ポイントは余計な物が入っていないことです。質の良いペットフードは無添加をウリにしていることが多いです。添加物ばかりの物は体に負担をかけるので避けます。例えば酸化防止剤は中身が腐らないように入っていますが、成分の中には発がん性があるという指摘があり、人間の食べ物には使われていません。賞味期限が2年以上あるものは、保存期間を確保するために酸化防止剤を使っている可能性があります。着色料も食事をする上では必要ありません。着色料は色味を付けるだけで、飼い主がペットに食事を与える時に色鮮やかな様子を楽しむだけです。ペットの健康を増進させることはないため、色味が地味でも着色料が使われていないものを選びます。亜硝酸ナトリウムはよく使われる着色料ですが、発がん性やアレルギーの心配があります。甘味料は、ペットフードをカサ増ししたりペットの食いつきを良くしたりするために配合されます。甘味料は安くで入手できるので、低コストで大量生産したい業者は重宝しやすいです。しかしほとんどの動物が糖分を必要としていないので、甘味料入りの食事は消化するのに内臓に負担をかけてしまいます。糖尿病などの病気のリスクも高まるので、甘味料も安全な食事には不適切です。無添加だと賞味期限が短かったり価格が高かったりしますが、ペットに必要な栄養素のみが入っています。
http://xn--t8j4aa4nmisa1krbj3j4bxl0eb0k.xyz/

Back to Top